明星独自のおいしいレシピ

うま味物質にはアミノ酸系のグルタミン酸や、核酸系のイノシン酸などがあります。これらは重ねて使用することで「うま味の相乗効果」をもたらし、うま味の感じ方が強くなることが知られています。評判屋シリーズは魚介、畜肉、野菜といった素材のうま味をメニューに合わせて組み合わせることで、塩分を抑えても満足感のある味わいに仕上げました。うま味豊かな味わいをお楽しみください。

※写真はイメージです。

厳しくなる塩分摂取基準

食事でどの程度の栄養素を取り込むのが望ましいかを示す「日本人の食事摂取基準」が5年ぶりに見直されました。2020年版では1日の食塩摂取目標量(18歳以上)が従来の基準から0.5g引き下げられ男性7.5g、女性6.5g未満となりました。日本人の成人はこの基準を全年代でをオーバーしています。()

また世界保健機構(WHO)のガイドラインでは、成人の食塩摂取量をより厳しい1日5g未満とすることを推奨しています。

※:厚生労働省 平成30年「国民健康・栄養調査」より

1日の食塩摂取目標量と実際の食塩摂取量の比較

好みで選べる幅広い商品ラインナップ

袋麺

丼型カップ麺

角型カップ麺