キラリな仕事と先輩たち 仕事・先輩について

誰もが知っているヒット商品づくりに携わることができる喜び

入社動機 | モノづくりへの熱量の高さに触れて

大槻竜太郎

将来はモノづくりに関わりたい。
その夢の実現のため、就職活動ではさまざまな業種のモノづくりメーカーを第一志望に就職活動を行っていました。その中の1社に明星食品がありました。
学生時代、研究室で「明星 一平ちゃん 夜店の焼そば」をよく食べていたので、
明星食品には他社と比べて、より親しみを感じていました。
面接選考では、どの面接官の方からも志望動機などテンプレートの質問が少なく、「どんなラーメンが好き?」「どんな部分がおいしく感じる?」など商品に関する質問が多く、明星食品のモノづくりへの想いが伝わってきました。
「長く愛される商品を作りたい。」「小さい子どもから、大人まで美味しく食べられる商品を作りたい。」明星食品の先輩方の熱量の高さに触れるにつれ、私の中で、数ある会社の中の1社から、絶対入りたい唯一の会社に変わっていきました。

仕事のやりがい | ヒット作の開発に携わることができる

  • 大槻竜太郎
  • 大槻竜太郎

マーケティング部門からの依頼に合った新商品のスープ開発。
それが私の仕事です。幸運なことに私は学生のときに良く食べていた「明星 一平ちゃん 夜店の焼そば」「明星 中華三昧」など弊社を代表するロングセラーシリーズのスープ開発や有名ラーメン店とコラボレーションした商品のスープ開発も担当させていただいています。特にコラボレーション商品は、そのラーメンのおいしさを再現しないといけないため、実際のラーメン店の店主に何度も試食していただきながら、緻密に味の調整を行っていきます。この仕事で、やりがいを感じるときは2000種類を超えるスープの原材料の中から、自分の経験を頼りにコンセンプトにあったスープを開発できたときです。それを実際にお客様に「おいしい」といっていただいたときはもっとうれしいです。
スープの味は原材料の組み合わせとその量で全く異なる味になるため、さまざまな
調合を繰り返します。ときには、マーケティング部の担当者と商品のコンセプト自体について、熱い議論をすることもあります。
でもその過程を乗り越えてマーケティング部門と開発部門が共に満足できる商品が
完成したときは、間違いなくヒットにつながりますし、そのときの一体感は最高です。

今後のビジョン | 次の時代を引っ張るブランドを

大槻竜太郎

平成に「平成の時代で一番のラーメンになるように」ということで「明星 一平ちゃん」シリーズが生まれて、ロングセラーブランドに成長しました。その平成ももうすぐ終わるため、次は私たちの世代が「明星 一平ちゃん」のように時代を超えても愛されるロングセラーブランドの商品を作り上げたいと思っています。そしていつか、私にも孫が出来て、その商品を一緒に食べることが出来たらうれしいですね。

私の仕事

開発研究所 商品開発部 スープ開発グループの担当業務
  • スープ開発・試食
  • 処方作成・工場立ち合い
こんな仕事をしています
  • マーケティング部からの開発依頼を受け、そのテーマに合ったスープを作り、試食してイメージ通りの味になっているか確かめます。
    また有名なラーメン店や他社の商品を食べて、おいしさの秘訣を研究するのも大切な仕事です。
  • 新しいスープを開発するにあたり、どの原材料がどれぐらい含まれているかなどが記載された処方箋を作成します。
    新しく開発する商品のスープの処方箋は一から作成するため大変ですが、私たちの腕の見せ所です。
迷ったら、自分の信じるほうへ

ほんとうに、この味でいいのだろうか。そもそもお客様は、この味を求めているのだろうか。
開発部門の仕事は迷うことがたくさんあります。そういうとき、現場の先輩に相談したり、自分の経験を頼りにして、
最後は作り手の感覚を信じるようにしています。
その感覚こそ、データではわからないものであり、お客様のニーズにつながるものだと考えているからです。
学生の皆さんも、自分の直感を信じて就職活動を行ってください。
そしてその中に明星食品を受ける方がいたら迷わず、飛び込んできてください。