キラリな仕事と先輩たち 仕事・先輩について

お客様の期待や信頼をダイレクトに感じることができるのが醍醐味。

入社動機 | 安心して長く働ける基盤とアットホームな社風

谷口諒介

私は、モノづくりに興味があり、商品を直接売りたいという想いを持っていたので、自社で商品を製造・販売している食品業界や、一から製品を作れる印刷業界などの営業職を中心に就職活動を行っていました。多くの企業の会社説明会に参加しましたが、その中でも、明星食品には歴史があり、「チャルメラ」や「一平ちゃん」などロングセラーブランドを多く取り扱っているので、この商品なら、安心して営業できると具体的にイメージすることができました。また面接で、社員の方々のお話を聞いて、長く働ける会社だと思えたことも入社を決めた大きな理由です。実際、先輩や上司が親身になって相談にのってくれるなど、アットホームな環境でとても働きやすいです。明星食品に入社してよかったと改めて実感しています。

仕事のやりがい | いち営業マンから、パートナーへ

  • 谷口諒介
  • 谷口諒介

私は、お客様に企画のご提案をするとき、大切にしていることがあります。それは、「説明の仕方」です。ちょっとした言葉遣いや話す順番でお客様の捉え方や印象が変わってしまうので、事前にお客様の立場になって何度もシミュレーションしてから、プレゼンテーションに臨むようにしています。またお客様が何を求めているか、明星食品の製品でお客様の課題をどう解決できるのか、製品の陳列方法、生活者のニーズ、CM効果などあらゆる視点から、お客様の要望に応えられる企画を考えています。そのため実際に、シミュレーション通りに上手く説明できて、お客様に企画を採用いただいたときはとても達成感があります。また来店された一般のお客様が私の企画を通じて明星食品の商品を購入されたときは「頑張ってよかった」とやりがいを感じます。営業は自分の利益とお客様の利益を同時に実現しなければいけない仕事なのでそのバランスを調整するのがとても大変ですが、一度お客様に信頼されるとお店を一緒に盛り上げるパートナーとして接して頂けます。たとえば、アポイントなしでお客様に挨拶に伺った際など気軽に声を掛けてくださるので、そういったお客様の信頼をダイレクトに感じることができる点も営業職の醍醐味だと思います。

今後のビジョン | 誰もが認める一人前の営業に

谷口諒介
今は、まだまだ先輩方にサポートしていただいている部分が多いので、まずは一人前の営業として、会社やお客様に認められることを目指して、日々の営業活動から努力していきたいと考えています。その上で、将来的には営業の知識や経験を活かして、会社の経営に携わり、営業や販促をサポートしていきたいと思っています。

私の仕事

東京営業部首都圏営業課が担当している営業先(お得意先様)
  • スーパー・小売店・卸問屋

私が所属する首都圏営業課は、都内を中心としたエリアを担当しています。スーパーや小売店、ドラッグストアの本部における商談に加え、特売や店頭キャンペーンの提案、陳列のお手伝い、ビジネスに関する情報交換なども大切な営業活動です。

こんな仕事をしています
  • 情報収集と店舗巡回

    スーパーの本部や店舗のバイヤーを訪問し、困っていること、新しく考えていること、または売り場のトレンドなどの情報収集を行い、お客様との継続的なコミュニケーションを心掛けています。

  • 売り上げを拡大する企画のご提案

    上司と本部や店舗のバイヤーを訪問し、市場調査・データ分析で得た情報をもとにお客様の売り上げに貢献できる店頭キャンペーンや商品の紹介、特売、イベントの企画を提案します。自ら収集した市場調査・データ分析を提案に盛り込むことは、提案に説得力を持たせるだけではなく、お客様からの信頼性向上にもつながります。

  • 見積もり、資料作成などの事務処理

    外回りから戻ると次回の商談に向けた提案書やお客様からご注文頂いた商品の見積もりを作成。また商談内で得た情報を上司やグループに共有し、今後のアプローチの仕方や数字の積み上げ方を一緒に考えます。

多くのお客様に明星食品の商品の良さを伝えたい

「チャルメラ」や「一平ちゃん」などのロングセラー以外の商品の認知は、まだまだ低いため、より多くのお客様にその魅力をアピールして店頭に並べていただけることを目標に営業活動をしています。いつかその中からロングセラーと肩を並べる商品がでてくるとうれしいですね。