中華三昧CM

「円盤投げ」篇

CM映像「円盤投げ」篇 CM映像「レスリング」篇
ブランドサイトへ 関連製品へ
企画意図 「明星 中華三昧」は1981年に発売し、即席袋めん市場に高級袋めん旋風を巻き起こし、今なお愛され続けるロングセラーブランドです。そのおいしさは時を越え、古代の人々もとりこにしたであろうとの想いから、今回その味わいを「歴史の味」として表現しました。
CMストーリー 舞台は古代ギリシャ。ある日、どういうわけか一人の男が初めて「明星 中華三昧」を口にする。スープまで飲み干した後、彼は「こんなうまいもん食べたことないわ」と、おいしさのあまりどんぶりを勢いよく空に放り投げた―
「これが円盤投げの発祥と言われている」と、誰もが一度は見たことのある彫刻をバックに真顔の学芸員がトンデモ解説をします。
撮影秘話 初めて「明星 中華三昧」を食べた古代ギリシャ人を演じたのはオーディションで選ばれたポーランド出身のモデル、レオさん。円盤投げの経験はないそうですが、古代ギリシャ人になりきって、 "どんぶり投げ"をしっかり決めていただきました。また、母親役・ルースさんは流暢な関西弁で子ども想いの母親を演じ切りました。

前のページへ戻る

ページの先頭へ